〇頭痛

 

頭痛で悩んでいる人は全国で4000万人いるといわれるほど、日常的に頭痛に悩む人が多くいます。ある調査では、約60%の女性が月に1回以上頭痛を感じていると答えており、私たちの身近にある代表的な不調の一つです。

https://www.ssp.co.jp/eve/headache/research/frequency.html

 

一口に頭痛と言っても、種類や原因は様々なため対処法も異なります。間違った対処をすることで逆効果になってしまうこともあるため、自分の頭痛の原因に合った対処法を知ることが重要です。

 

頭痛のタイプ

頭痛には様々な要因から発生するものがありますが、日常的にみられる頭痛の多くは検査をしても異常が見つからない「一時性頭痛(機能性頭痛)」といわれます。その原因の多くは、体質や日常生活によるものとされています。片頭痛や緊張型頭痛、偶発頭痛が一時頭痛に分類されます。

 

一時頭痛とは逆に、原因がはっきりとしている頭痛は「二次性頭痛」と呼ばれます。脳出血やくも膜下出血、脳梗塞、脳腫瘍、外傷、感染、高血圧性頭痛、副鼻腔炎、うつ病などによる頭痛が二次性頭痛に分類されます。中には命にかかわる頭痛もあるため突然の頭痛の際は、すぐに脳神経外科や神経内科を受診するようにしてください。

 

二次性頭痛であれば、CTMRI、レントゲン、血液検査などのあらゆる検査を行うことで原因が特定できます。病院では、これらの検査をしても原因となる疾患が見つからず二次性頭痛ではないことが判断された頭痛が一時性頭痛とされます。

 

二次性頭痛は医師のもとできちんと治療を受ける必要がある病気が原因となっていることがほとんどなので、必ず受診をするようにしましょう。

 

あなたの頭痛の特徴として下記項目に当てはまる症状がみられていた場合、重大な病気が原因で頭痛が発生している可能性があります。すぐに脳神経外科か神経内科などの医療機関を受診をしてください。

 

・突然、普段とは異なる激しい頭痛が起こった。

・ここ数か月の間に頭痛が徐々に悪化している。

・頭痛以外にも麻痺やひきつけなどの兆候があったり、物が二重に見えたりする

・頭痛以外にもまっすぐに歩くことができない、力が入りにくい、意識がぼんやりする、うまく言葉が出てこない、食べ物が噛めないなどの異変が出ている

・発熱が伴っている

 

そのほかにも、いつもと異なる点など気になる症状があるときは必ず受診してください。

 

医療機関の検査で原因が見つからない一時性頭痛の原因とは?

原因となる病気がなく同じような痛み方の頭痛を繰り返しているとう場合は慢性的な一時性頭痛の可能性があります。

 

一時性頭痛には主に片頭痛、緊張型頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛の3つのタイプがあり、それぞれに頭痛を発生させる原因や対処法が異なります。

 

片頭痛(血管性頭痛)

片頭痛は、血管が拡張することでズキズキとした脈打つような拍動性の痛みが生じる一時性頭痛です。片頭痛と記載されますが頭痛が出現するのは頭の片側とは限らず、両側に痛みが出る方もたくさんいます。主にこめかみから目のあたりが発作的に痛み、痛みは強く472時間ほど続いて自然に回復します。片頭痛の前兆としてギザギザの光やオーロラやモザイクのような模様が2030分見えて視界が悪くなる閃輝暗点が現れる人もいます。また、頭痛以外に吐き気や嘔吐、下痢などの症状を伴う場合もあり、発作中は光や音、におい、気圧の変化に対して敏感になる点が特徴です。

女性ホルモンと関連があるとされており、2040代の女性に起こりやすい頭痛ともいわれています。

 

片頭痛を引き起こす原因は、まだ明らかにされていませんが、ストレスや精神的緊張(解放されたときに起こりやすいとされています)、疲れ、空腹、アルコール摂取、寝不足又は寝すぎ、生理、天候の変化、人込みや騒音などの刺激が影響していると考えられています。そのほかにもチーズやワインなど特定の食べ物や薬が刺激となるケースもあります。

 

片頭痛の対処法

温めると血管が拡張し、痛みが増すことになり逆効果になります。整体に関しても循環が良くなるため痛みを助長してしまう可能性があるので、片頭痛の発作が出ているときの施術を控えください。入浴も発作中や前兆がある際には控えるようにしましょう。

 

逆に冷たいタオルなどを悼む部位に充てると血管が収縮し痛みの軽減に役立つとされています。冷たいタオルが用意できないときは、ズキズキ脈を打っているこめかみの血管を強く抑えると頭痛が軽くなることがあります。

 

また、片頭痛が起きている際に身体を動かすと痛みが増してしまいます。光や音の刺激に対しても敏感になるため、できるだけ静かな暗い場所で横になるようにしてください。

軽い頭痛のときは、カフェインを含む飲み物を取ることで片頭痛が収まることもあります。

多く飲みすぎると逆効果になるので注意して飲むようにしましょう。

 

片頭痛の予防としてのLuLucareの整体

片頭痛が発生するメカニズムはまだ十分に解明されていませんが、視床下部に何らかのストレスがかかることで引き起こされることが分かっています。視床下部は体内の環境を一定に保つ働きを担っており、気温の変化やホルモンバランスの変化、精神的な緊張による変化など急激な変化が視床下部へのストレスとなります。視床下部は自律神経や睡眠と覚醒、情緒、ホルモン調整などに深く関わっており、視床下部にかかるストレスを緩和するために幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが大量に分泌されますが、やがて脳内のセロトニンが枯渇してしまいます。そしてセロトニンが足りなくなると血管が拡張し、周囲の神経に触れることで片頭痛が起きると考えられています。

したがって、できるだけ視床下部へのストレスになるような体内環境の変化を避けることで片頭痛とうまく付き合うことができる可能性があります。

 

そんな片頭痛の予防としてLuLucareの整体がどのように役立つのかというと、ポイントとなるのはリラクゼーションです。

 

片頭痛は視床下部へのストレスによって発生すると考えられています。視床下部は自律神経など体のオンオフを調整する役割があり、外部のストレスを感知して調整する重要な働きを担っています。片頭痛は、視床下部にかかるストレスが起因して発生するといわれていため、視床下部のストレス耐性を高めることが重要なポイントとなります。

 

その手段として有効であると考えられているのが、リラクゼーションです。リラクゼーションにより自律神経のバランスを整えることで視床下部のストレスレベルを低く抑え、ストレス耐性を高めることができると考えられます。。実際に片頭痛の治療法で視床下部に電気信号を送り副交感神経を刺激してカラダの働きを正常に戻す治療法の研究もおこなわれていることから、片頭痛の予防に自律神経系のバランスを整えることが重要であることが分かります。

 

LuLucareの整体は心身ともに心地よく過ごしていただくこと、そしてその状態が長く維持できるカラダへと整えていくことを重視しています。

 

片頭痛の発作が起きているタイミングでの施術は逆効果になりかねませんが、発作が起きていないタイミングで施術を行うことは、視床下部の興奮をやわらげ、自律神経が本来のバランスを取り戻す助けになると考えます。

 

緊張性頭痛(筋肉収縮性頭痛)

緊張性頭痛は、一時性頭痛の中でも最も多いとされる頭痛です。頭を包む筋肉が持続的に収縮することで、血流が悪くなり、結果として筋肉内に老廃物が溜まり周囲の神経が刺激されることで痛みが発生するとされています。後頭部やこめかみ、おでこを中心に締め付けられるような痛みや頭重感、圧迫感が発生し、しばらくつづきます。片頭痛のように吐き気や嘔吐が随伴することはなく、カラダを動かしても痛みが悪化することはありません。日常生活への支障は片頭痛ほどではありませんが、数時間で収まるケースだけでなく数か月頭痛が続くなど慢性化するケースもある頭痛です。

 

主な原因としては、頭や首、肩の筋肉の緊張による血行不良や精神的・身体的ストレスがあげられるほか、長時間のパソコン作業など眼精疲労による刺激による筋肉の過剰収縮も原因となります。また、緊張性頭痛が起きたことによるカラダの反応によって更に頭痛をひどくするという悪循環もうまれがちです。

 

 

緊張性頭痛の対処法

マッサージや蒸しタオル、入浴などでカラダを温めて、血行を良くすることで、頭や首・肩の筋肉のコリの解消を目指します。精神的なストレスでも緊張性頭痛が誘発されるため、頭痛がはじまったら心身ともにストレスを抱えている状況から離れることも大切です。

 

緊張性頭痛とLuLucareの整体

LuLucareの整体は、全身のカラダの歪みやずれを整えていくなかで、過剰な筋緊張が強いられている部位を見極めて施術を行います。頭部に限らず全身の血流改善を促すことで、筋緊張性頭痛を緩和することができると考えます。

 

https://www.zutsuu-kyoukai.jp/%E9%A0%AD%E7%97%9B%E8%AC%9B%E5%BA%A7-%E7%B7%8F%E8%AB%96%E7%B7%A8/

https://kuwana-sc.com/

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/02_zutsu/

https://zutsu-atoz.net/gtdhk7au/

 

https://tokusengai.com/_ct/17315404